音楽の玉手箱 登録音楽家リスト

分類:和楽器
山崎 箜山(やまさき こうざん)
宮本直美(みやもとなおみ)
音楽家名 山崎 箜山(やまさき こうざん)
楽器 尺八・土笛/箏・三絃・十七絃
プロフィール

尺八と箏の可能性を広げ、古典にとどまらず童謡やジャズ、ポップスまで演奏します。テンポの良い楽しいトークも魅力。

山崎箜山(やまさきこうざん/尺八・土笛)
北九州市在住。都山流尺八を二世山崎北山(父)、二世池田静山に師事。古典本曲を磯玄定(博多一朝軒)に師事。1990年初ソロリサイタル、1991年北九州市民文化奨励賞、2005年及び2007年都山流尺八本曲コンクール優勝、それぞれ文部科学大臣賞、金賞、宗家杯、産経新聞社杯を受賞。2006年北九州市民文化賞受賞。テレビ、ラジオ放送やCD録音、海外での演奏など様々な場面で邦楽の枠内にとどまらず、国内外のアーティストとの共演多数。現在、都山流竹琳軒大師範、都山流講士・検定員。都山流尺八楽会終身会員。朝日カルチャーセンター講師。
【ブログ】http://blog.goo.ne.jp/kohzan

宮本直美(みやもとなおみ/箏・三絃・十七絃)
6歳から生田流箏曲を山崎薫氏に師事。その後、宮原千津子、宮城喜代子、宮城数江の各氏に師事。東京芸術大学音楽学部邦楽科卒。1987年北九州市小倉少年少女合唱団と共に欧米演奏旅行。1988年から1989年にかけ、胡弓の趙国良氏、パイプオルガンの満嶋良氏と共演する。邦楽コンサート活動の他、山崎箜山とのライブでは、邦楽のジャンルを超えた演奏にも意欲を見せる。生田流宮城社大師範。八橋邦楽会会員。森の会会員。

主な曲目 古典本曲「九州鈴慕」、浜辺の歌、荒城の月、アランフェス協奏曲、テイクファイブ、イパネマの娘、コーヒールンバ 他多数