TOP>14th春日ジュニアドラマセミナー

14th春日ジュニアドラマセミナー公演 レポート

14th春日ジュニアドラマセミナー公演 レポート  14th春日ジュニアドラマセミナー公演 レポート
14th春日ジュニアドラマセミナー公演 レポート

 春日ジュニアドラマセミナーとは、小学4年生から中学3年生までの子どもたちが、プロの演劇人から指導を受けて演劇を学ぶセミナー。オーディションを通過した19名が、稽古の集大成として、2月14日(土)・15日(日)の発表公演に臨みました。

14th春日ジュニアドラマセミナー公演 レポート 発表公演「ジプシーと宇宙人〜私たちが友だちになるまでのコトバ〜」は、指導者の後藤さんが、この発表公演のために書き下ろしたオリジナルの脚本。廃校が噂される小学校を舞台に、子どもたちが最後の思い出を作ろうと奮闘する物語で、様々な形の「言葉」をテーマにした作品です。

14th春日ジュニアドラマセミナー公演 レポート 公演では、子どもたちが中学生や宇宙人役になり、「隠している言葉」「見つからない言葉」「言葉にならない言葉」などを表現。客席からは、子どもならではの豊かな表現に笑いが起きたり、白熱した演技にどよめきが起きたりしました。

  5ヵ月間の稽古を積んで演劇を学び、「言葉」という難しいテーマの公演に挑戦した子どもたち。ホールには大きな拍手が響きわたりました。

14th春日ジュニアドラマセミナー公演 レポート受講者の声

・ドラセミの稽古がある日はとっても楽しくて、充実した1日でした!

・他の学校の友だちができて、演技についても知ることができました。

・くじけそうになったときもあったけど、今までにない達成感を味わうことができました。


14th春日ジュニア ドラマセミナー 奮闘中!

14th春日ジュニア ドラマセミナー 14th春日ジュニア ドラマセミナー 14th春日ジュニア ドラマセミナー

 互いの名前も知らなかった受講生たちは、今では打ち解けて稽古に臨んでいます。稽古は集中力を高めるため、無駄話は厳禁。ですが、はつらつとした先生方の指導に、受講生たちの明るい笑顔と笑い声は始終絶えません。
現在は、演劇の基礎を学ぶゲームや、想像力・表現力を高める即興劇を取り入れ、舞台に立つための基礎を固めています。稽古を開始して、はや2ヵ月。先生方のアドバイスを素直に受け止め、向上しようと努力する受講生たちの様子は頼もしい限りです。
これから発表公演に向けて、受講生のキャラクターを活かした脚本が出来上がります。一体どんな作品になるのでしょうか?今後もご注目ください!

毎年大好評!発表公演のお知らせ
とき/平成27年2月14日(土)・15日(日)
ところ/春日市ふれあい文化センター サンホール


14th春日ジュニア ドラマセミナー 始動!

子どもたちが演劇に挑戦するジュニアドラマセミナーが今年も始まりました!

14th春日ジュニア ドラマセミナー 14th春日ジュニア ドラマセミナー

 9月17日に、オーディションが行われました。子どもたちはまず、緊張をほぐすため体を動かしてウォーミングアップ!その後、課題の台本をもらい、30分の制限時間のなか、グループに分かれて練習しました。意見を出し合い、真剣に劇に取り組む様子を厳正に審査し、小学4年生から中学2年生までの20名が合格しました。
今年はどんなメンバーが揃い、どんな舞台が2月に出来上がるのでしょうか?稽古の様子は随時お届けしますので、今後のジュニアドラマセミナーのメンバーたちにご注目ください。



<<過去のドラマセミナー>>
 8thドラマセミナー  1stジュニアドラマセミナー  8thジュニアドラマセミナー
 9thドラマセミナー  2ndジュニアドラマセミナー  9thジュニアドラマセミナー
 10thドラマセミナー  3ndジュニアドラマセミナー  10thジュニアドラマセミナー
 ドラマセミナーファイナル  4thジュニアドラマセミナー  11thジュニアドラマセミナー
   5thジュニアドラマセミナー  12thジュニアドラマセミナー
   6thジュニアドラマセミナー  13thジュニアドラマセミナー
   7thジュニアドラマセミナー